1/29(T)
2019.01.29
81waw6qbqhl

8:00 起きる。
晴れ。
35度7分。熱はいきなり下がった。
抗生物質が効いたのだろう。やはり肺炎気味だったのか・・・?
きちんと薬を飲んで、完全にやっつけることが肝要。
午前中 寝て過ごす。
午後 TVで「緑の光線」を観る。
1986年仏作。エリック・ロメール監督作。
音楽が素晴らしい。ジーン・ルイス・ヴェレロ。
ヴェネツィア国際映画祭・金獅子賞受賞作。
ふくれあがった自己愛の「お気楽さ」と「歪み」を描いた、
徹底的に80年代らしい作品。
その後、「男の出発/たびだち」(原題/The Culpepper Cattle Co.)を観る。
1927年作。リヴィジョニスト・ウエスタン/歴史修正主義
西部劇/超現実主義西部劇。
リアルに徹したカウボーイの物語。
少年の視点からキャトル・ドライブの過酷な日常を描く。
彼の成長物語。最後は「7人の侍」からの引用?
その後、「メカニック」を観る。
1972年作。チャールズ・ブロンソン主演。
マイケル・ウィナー監督作。
これはめちゃ面白い!ブロンソン、実にいい男だ。かっこいい。
美術もロケも良い。愛弟子に逆に狙われる筋立ても。
蛇の道は蛇。目には目を。
「メカニック」とは、裏社会では「プロの殺し屋」という意味
を持つらしい。
夜 早々に就寝。

戻る

Diary

Diary Archives

New Release

Recent Diaries

Recent News